橋本 憲治
HASHIMOTO Kenji

『混沌』それは
世界の根源であり、

私の絵に対する
基本的考え方である

「絵画コンセプト」

「混沌」それは世界の根源であり、私の絵に対する基本的考え方である。

そして、表現に使用する絵の具は、この二十年程、青を基調としている。私は、作品の描きだしにキャンバスの上より数滴の絵の具を落とす事からはじめることが多い。そして、その落とされた染みの中より湧き上がってくるイメージをもとに描き進める。題材は、自然界にある草花や、肉眼ではとらえにくい宇宙やミクロの世界で、これらの、生まれくるものと、消えゆくものたち、を画面の中で混ぜ合わせ画面に定着させる。

私は、私の中にある東洋的な思考の無常観を表現したいと願って止まない。

橋本 憲治


Born in Tokyo, 1955 Graduated from the Faculty of Arts, NIHON University (1978)

Attitude for Work :
For the past 20 years I have been expressing a quiet and lucid world through “BLUE” that symbolizes the World of Nature such as water, air, cosmos and so on using acryl paints.

「The meaning of the painting」

“Chaos”, it is an essential element of the world, and a fundamental thought of my painting.

002For the past twenty years, I have been using pigment based on tones of blue for representing the above fundamental thought.

In the beginning at work, I frequently let fall a few drops of pigment on the canvas, and then begin to draw based on the images that were welled up from the colors shaped on the canvas.

The above images are flowers in this world, the cosmos and the microscopic world that can not be seized with the naked eye, I mix together these images appeared and faded away, and settle it on the canvas.

I sincerely wish to express the oriental view of uncertainty in my mind on the canvas.
Kenji HASHIMOTO